焼肉うんちくを語る

部位の語源知ってますか!?

焼肉のメニューには、実は色々な国の言葉が使われています。

カルビ・・・これは肋骨を意味する韓国語です。

ミノ・・・その形が昔の雨具の蓑(みの)に似ているところから名づけられた日本語。

ハツ・・・これは心臓を現すHeartsからきている英語。

ロース・・・英語由来。焼くことを意味するローストからきています。

こんな感じです。  華火調べ

信じるか信じないかは貴方次第です。

Comments are closed.